シルキー6の魅力

BMWはシルキー6と言われる、アクセスを踏んだらシルクのように滑らかに高回転まで伸びる直6エンジンを提供しているメーカーです。 現在のBMWラインナップでは直6エンジンは決して少なくはないですが、多くもありません。 通常モデルならM240i、340iなどなど… MモデルならM2、M3、M4… 近頃、ダウンサイジングターボが主流になっているため、 あのBMW M performanceシリーズのファーストラインナップであるM135iもx driveと言われる4WDシステムを搭載して4発2Lターボとして登場しました。 このようにBMWのスポーツモデルもダウンサイジングしているので、近頃のBMW ストレート6は希少価値があると思います。 数十年前までポルシェの主流であった空冷エンジンも今となってはとても希少な存在です。 トヨタの直6エンジンである1J、2J搭載車も中古車販売サイト『カー○ンサー』で値段が高騰しています。 このように、そのメーカーの代表的なエンジンは時間が経つに連れて、プレミア化していくのです。 BMWの直6エンジンの代表的な車はやっぱりE36 M3やE46 M3でしょう。 このうちのE46は近頃、本格的に値段が高騰し始めました。 まだ間に合うので、これを機にBMWの直6に興味のある方はS54B32Aの餌食になってみてはいかがでしょう? 追記… E46 M3に搭載されているS54B32Aのエンジンオーバーホールは大阪府堺市のTECH-Mがオススメです ここの代表さんはS54エンジンが大好きで何度もオーバーホールを繰り返している方です。まさしくS54のプロフェショナル。

2020/03/28 12:52:02

MACHINE

EVENT

CIRCUIT

COMMENT

ぺんぺらー

タクシーエンジンですが、遅くてもいいならトヨタ1Gもありますよん。

Avante Racing

実はBMWの直6まだ乗ったこと無いんですよ。 いつか必ず乗りたいです。 M3はE36で200万超え、E46で300万超えもチラホラ。 20年近く前のクルマなのにすごいですよね。

pagetop