【超高速バトル仕様 第1弾】ブラストアロー

【SHSB Edition Vol. 1】 2016年11月の超高速バトル仕様の構想から約4ヶ月、 紆余曲折を経て、ようやく第1弾のマシンが完成しました。 第1弾はスプリング東京大会1(2017/3/19)の レースでデビューしましたが、2周目でCOしました…。 急ピッチで作ったからか、塗装がかなり雑になりました(泣)。 モーターはピーク時で33,000rpm以上です。 (2018年夏頃は約31,000rpm) 開けポンの時は約27,000rpmでした。 ■超高速バトル仕様のコンセプト ・絶対的な速度性能と、優れた加速性能を持つ!! ・コースアウトしない、抜群の安定性を確保する!! ・そして何より、  見た目のカッコよさを追求する!! SHSB Editionは、 「Super High Speed Battle Edition」 (「超高速バトル仕様」の直訳) の略です。 ■超高速バトル仕様の構想から第1弾完成まで ①2016年11月にTPF新橋で行われたレースで、決勝レースに出たレーサーのネオトライダガーのカッコよさと速さに一目惚れ。 ②自分も速くてカッコいいネオトライダガーを作るべく、その日にネオトライダガーのキットとスーパーⅡシャーシを購入。  ※キット付属のスーパー1は強度が不安なため ③コンセプト名を「超高速バトル仕様」に決定。 ④ニューイヤー東京大会(2017/1/29)のコンデレに出展しようと決める。 ⑤ネオトライダガーのボディが、無加工でスーパーⅡに装着できない事に気付く。 ⑥家の都合で、ニューイヤー東京大会に行かれなくなる。  ※レースも当選していましたが、辞退しました。 ⑦モチベーションが下がり、一旦制作を中止する。  (2016年12月上旬) ⑧2月にブラストアローのスターターパックを購入。  こっちを超高速バトル仕様の第1弾にしようと決める。  ※ネオトライダガーは3月下旬に制作再開、5/26に完成しました。 ⑨2月末より制作開始。 ⑩3/18に完成。 ■スペック(2017/3/18現在) シャーシ :MA モーター :マッハダッシュPRO ギヤ比  :3.5:1  ※スターターパック付属は3.7です。 重量   :138.2グラム(電池含まず) JCJCタイム:3.53秒(パワーチャンプRS使用)

2017/03/18 17:00:47

PARTS

  • RED

DIARY

RECOMENDATION

  • サンダーショット MA
  • フラットMA
  • DCR-01@début machine
  • サブマシン
  • Concept LMP1
  • Dancing Divine Doll

COMMENT

pagetop