AR正転時のトルク抜け対策

AR正転時のトルク抜け対策

This parts is registered in25people

ARを正転させると、モーターからの負荷で浮いてしまうギヤカバー。ギヤカバーが浮くとせっかくのトルクも逃げてしまいます。 FMARはモーターが逆回転しているため、カバーの浮きは少なく、トルク逃げも少ないようです。 正転でFMARに負けないトルクを得るために、シャシー側にポリカの端切れを2枚貼り付け。(画像中央の黒くマーキングしている箇所)ギヤカバーを押さえるテンションを上げてやることで、ギヤカバーの浮きを押さえています。(画像のままだとモーターのマウントとポリカの端切れが干渉していた為、2mmほどポリカ右側をカットしました) ただ、ギヤカバーとモーターピニオンとのクリアランスがほぼ0となる箇所があるため、現物あわせでカバーの爪付近を少し削ってやる必要があります。 少し手間ですが理屈上は効果大のはず。

2017/08/09 22:06:56

MACHINE

  • ARバンキッシュver4

COMMENT

すちゅあーと

基本的に、正転ARをイジってるので、試してみます(* ̄∇ ̄)ノ

pagetop